「私たちの出会い」

ローマの信徒への手紙1:11-13

救われた聖徒の生活、それは祈りの生活です。
祈りを通して神の御旨が何か、という事がしっかり解かるようになります。
神の御旨を悟らない祈りは、
自分の主観、自分の本質、自分の思いをそのまま祈っただけです。

パウロは主の御旨により、ローマへ行くことを祈りました。
私達が誤解してはいけないことは、
「神の御旨だから、成し遂げられるその時まで私はなにもしません。」と、
ただ座っている姿はあまりよくない姿です。
主の御旨であり、その答えが遅くなっても、
祈りながら今、自分がするべきことをしっかりする。
その様な人が正しい主の僕であります。
私達がそれぞれ神様から戴いた恵み、賜物は、兄弟姉妹のために、
周りの人達の為に神様が器として、必要な力として与えられた大事なものです。

パウロはなぜローマに行きたかったのでしょうか。
彼等に出会って励まし合うため、信仰によって教会で出会ったのです。
この信仰によって出会った交わりを、人間の交わりに変化させないようにお願いします。
そして教会の実り、新しい魂が主に戻って救われる実りです。
その実りの実がたくさん結ばれる教会にならなければなりません。

「キリスト者の感謝と祈り」

ローマの信徒への手紙1:8-10

神学者・内村鑑三先生は、ローマ書の講義の中で、
「7節迄が宝石を散りばめたような見事な表玄関なのだ。
そこを入ると、どんな立派な屋敷に通されるのかと思うが、
8節から長い廊下が続いている。」
と例えました。
なぜこのローマへの信徒への手紙が立派な屋敷のようにみえたのでしょうか。

「まず初めに、」という書き出しは、大事な意味を伝えています。
イエス・キリストの福音の本質を伝え、恵みと平和があるように祝福しました。
パウロはいつも忘れず神さまに感謝を捧げ、
またローマの聖徒達のために祈ることを忘れませんでした。
真の信仰は感謝であります。パウロの感謝は、
全てがイエス・キリストを通しての感謝でした。

世の感謝は自己中心ですが、キリスト者はイエス・キリストを通しての感謝です。
民族・国籍が違っても同じ価値観を持ち、会ったこともない人々や場所であっても、
お互いに神さまに感謝をします。それはあなた方の信仰が全世界に言い伝えられているからです。
私達は霊的な意味で兄弟姉妹を知り、
その方々を送って下さった神さまに、
教会を立てて下さった神さまに、感謝の祈りを捧げましょう。
お互いの為に、とりなしの祈りを捧げる聖徒となりましょう。

「その御名のために」

ローマの信徒への手紙1:5

イエス・キリストは真の神さまでありながら、
人間の姿で人間としてこの世に来られ、
私達の全ての罪を許して下さるために死なれ、
罪人である私達と聖なる神様の間を結びつけて下さった、
永遠の救い主であります。私たちの人生の中でただ一度しか聞こえない、
伝えられない喜びのニュースをどう聞くようになり、悟らせて戴いたのでしょうか。

「わたしたちはこの方により」15節
「この方」とは主イエス・キリスト、
その恵みを受けて信じる者となりました。
キリスト者を憎み迫害したパウロが、
キリスト者の前に立ち福音を伝える働きをするようになり、
狂った人と言われました。
イエス・キリストの御名の為に生きる。
一言で言うと、宣教、福音伝導、証人の生き方、
それがその名の為に生きる人生であるという意味です。
皆さんは宣教の働きの為に繋がるような生き方をされていますか。
「御名の為に生きる」とは、福音を伝える事です。

キリスト者は自分の生活の中で、何より礼拝を大切な優先順位として決めます。
救われた、恵まれた者として一番大切な事は、主に捧げる礼拝です。
礼拝は心です。
また、福音宣教の為に生きようと頑張る生き方ではないでしょうか。
教会の目的は主に礼拝と栄光を捧げる事、もう一つは宣教です。

「学者たちの贈り物」

マタイによる福音書2:1~12

旧約時代、イスラエル民族は主に選ばれた民族であり、
特別な恵みを頂いていました。
主なる神様が約束なされたメシアを待ち望みながら
その時を期待したのですが、やがて主がこの世にお生まれになった時、
彼らにはまったく反応がありませんでした。
祭司達や聖書学者達、ファリサイ派の人たちも
この日を全く感じることがありませんでしたが、
遠い東の国の名もない天文学者が星の異変を見つけました。

学者たちは預言者の言葉を思い出し、
黄金、乳香、没薬を用意し、星に従って旅に出ました。
星が導いた所はユダヤの地でした。
ユダヤの地ベツレヘムでメシアが生まれると預言者達は知っていましたが、
イエス・キリストがこの世に生まれる時、
何も準備ができていませんでした。
私達が、東の国から訪ねて来た学者達のような信仰も持って礼拝を用意しているか、
と言うことです。

現実の中で私達は黄金、つまり信仰によって山を越え、
川を渡り、谷も越えなければなりません。
私達が主の御前に信仰によって捧げる道を、
仕事が邪魔します。
世の人が邪魔します。
病が邪魔します。
けれども、主が私達に与えてくださった信仰により、
それらを越えなければなりません。

「真の幸せを望まれますか」

ローマの信徒への手紙1:1-4

人が、
この世で一番幸いな生き方をする秘訣は何かご存じでしょうか。
過激な表現で表すと自分がするべきことに狂うことだと思います。
自分がやるべきことに積極的な生き方をすると、幸いな人生に変わります。
聖書は、
「ローマの信徒への手紙」を通して人生を正しく狂ったイエス・キリストの僕、
使徒として選ばれたパウロを紹介しています。

パウロは、この世ではエリートとして生きていました。
ダマスコスでイエス様に出会ったその時から、
今までプライドを持って生きてきた全てのものを捨てて、
福音を述べ伝えるごとに、現実的には大きな苦しみに変わりました。
にもかかわらず、パウロはいつも、自分は幸いな者だと伝えています。
私達の本当の信仰は、イエス・キリストに出会ったその瞬間、
その時からその方を通して変わります。その方が私達の命の源であると確信出来ます。
このように、イエス・キリストを信じる方は、信じること事態が幸いであり、
その方の為に生きること事態が喜びであり、楽しい事であります。
何故でしょう?その人イエス・キリストは自分の真の主人になって下さるからです。
聖徒達の真の幸せはここにあります。
私達は、主イエス・キリストを正しく知らなければなりません。
正しく理解し、正しく信じるべきであります。正しく信じるということは、
パウロと同じ様に狂った者になるのではないかと思いますそれは、
その人の人生の幸いが保障されるということです。

「その御名のために」

ローマの信徒への手紙1:5

イエス・キリストは真の神さまでありながら、
人間の姿で人間としてこの世に来られ、
私達の全ての罪を許して下さるために死なれ、
罪人である私達と聖なる神様の間を結びつけて下さった、
永遠の救い主であります。
私たちの人生の中でただ一度しか聞こえない、
伝えられない喜びのニュースをどう聞くようになり、
悟らせて戴いたのでしょうか。

「わたしたちはこの方により」15節
「この方」とは主イエス・キリスト、その恵みを受けて信じる者となりました。
キリスト者を憎み迫害したパウロが、
キリスト者の前に立ち福音を伝える働きをするようになり、
狂った人と言われました。
イエス・キリストの御名の為に生きる。

一言で言うと、宣教、福音伝導、証人の生き方、
それがその名の為に生きる人生であるという意味です。
皆さんは宣教の働きの為に繋がるような生き方をされていますか。
「御名の為に生きる」とは、福音を伝える事です。
キリスト者は自分の生活の中で、何より礼拝を大切な優先順位として決めます。
救われた、恵まれた者として一番大切な事は、主に捧げる礼拝です。
礼拝は心です。
また、福音宣教の為に生きようと頑張る生き方ではないでしょうか。
教会の目的は主に礼拝と栄光を捧げる事、もう一つは宣教です。

「神様はどういうお方でしょうか」

創世記1:27-31

まことのクリスチャンとして生きる為に私達に必要なことは何でしょうか。
目に見えない神さまをどうして完全に知ることが出来るでしょうか。
私達はこの世を離れ、霊として神様の御前に立つまでは、
神さまがどのようなお方であるか完全に知ることはできません。
しかし、私達には神さまについて知る方法がいくつか与えられています。
それが礼拝することであり、祈ることであり聖書を読むことなのです。

神さまが私たちの創造主であることを信じる時、
私達は神さまの御言葉に従うようになります。
また、神さまは父性と母性両方を備えておられる方です。
御子なるイエス・キリストは母性の愛を備えておられます。
神さまは父性と母性により私達を祝福してくださり、
愛してくださり、
いつも見守ってくださいます。
私達を惜しげなく祝福してくださいます。

神さまが人間に惜しみなく与えてくださった祝福とは、
いったいどういうものでしょうか。
祝福とは人間がその存在する目的を果たすために、
神さまが与えて下さった恵みです。ただ、注意しなければならない事は、
神さまを求めるのではなく、祝福だけを求める行為です。
恵みの事実を忘れ祝福だけを求める人は、
立派なクリスチャンになることはできません。
その様な人は偶像を拝んでいるのであって、神さまとは関係ありません。

「今がどんな時代であるかを知っている人」

ローマの信徒への手紙

キリスト者はどこに住んでいても自分が住んでいる時代、
自分が今生きているその時を、知らなければなりません。
霊的な分別力、わきまえる知恵を持っている人であることを、
パウロ使徒は伝えています。
私達が今生きている時代は、どんな時代か知っておられますか。
本文は今この時代は非常の時であるという事を暗示しています。
イエス・キリストの救いの完成の日が近づいて来ます。
「永遠の神の国に入る日が近づいた」という意味です。
その時、まだ信じていない人達はどうなるのか、
だから私達はこの徴しを通して、一人でも福音を聞いて、
主に戻るように導く私達の使命が大事であります。
終末の徴しについて

「人に惑わされない様に気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れる」
マタイ24:4-14

福音が全ての民族に宣べ伝えられると主は再臨されます。
だから私達キリスト者は、
主イエス・キリストの御心にかなう衣を身に付けなさい。
自分の信仰の品位を守りながら歩みなさい。

「キリスト者の使命」

ヤコブの手紙5:19-20

ヤコブの手紙を通して、現代を生きている私達にキリスト者の行い、
この世の生き方を伝えられました。
キリスト者の正しい生活が、
神から遠く離れた人の魂を救う事になるという意味です。
正しい信仰の道を歩んだ結果、
全ての選ばれた主の魂が主に戻るという神の主権的なメッセージが、
ヤコブの手紙の中に隠されています。
聖書が伝える人生としてー番価値ある尊い生き方は、
真理から離れている人達を真理に連れ戻す、
それが私達キリスト者の一番大事な生き方だと教えます。
私達はイエス・キリストの尊い血潮によって兄弟となった者です。
即ち信仰の共同体です。真理とは神の御言葉です。
真理から離れるとは、世の誘惑に迷い、あるいは負けた事を言います。
私達の立派な信仰の生活を通して、一人の魂が、
いや多くの魂が救われその罪を許される事。
これがキリスト者の二の世の使命であります。

「大きな力がある祈り」

ヤコブの手紙5:13-18

キリスト者として神様から頂いた大きな恵みは信仰によって救われ、
祈る特権を与えられた恵みではないかと思います。
神様は私達が色々な試練に出会っても、
それを越えて勝利する力を祈りという時を通して与えて下さいました。
祈りは神様との霊的な交わりです。
祈りを通して高慢な自分が謙遜な者に変わってきます。
祈る人はまず、神の御言葉に耳を傾けます。
イエス・キリストを信じて救われた者にも世の人達と同じように、
苦難や試練があります。
それではなぜ神様は私達に試練を与えられるのでしょうか。それは

「祈りなさい」

という神様の御旨です。
祈るようにとの神様のサインです。
私達は祈りを通して主の御旨がなにか知るようになります。
まず、祈る課題を与えてくださり、祈ると神は喜ばれ、
その人の祈りを通して全ての神の御旨・御計画が成し遂げられることが解かります。
祈りに応えられるとまず主に栄光を捧げなさい。
私達は試練に出会うと、祈りのサインである事を憶えてください。
そして喜びの時は主に賛美を捧げてください。

「病気の人は教会の長老を招いて祈ってもらいなさい。」(14節)

これは教会の信仰の豊かさを持っている人達を招いて共に祈るように、
という意味です。
祈りは魂の救いであり、大事な第二の武器、第二の恵みです。