「負債を負っている人」

ローマの信徒への手紙1:14-15

負債、
どうしようもない時、借りるのが借金です。
また、借りると必ず返さなければならないのが借金です。
今日、私達に与えて下さいました本文を読むと、
負債を返すことが出来ず、
苦しんでいる一人の信仰の先輩に出会います。その方はパウロ使徒です。

 それは肉の生活の為の負債ではありません。
ある日、イエス・キリストに出逢い人生が変わり、大きな負債を負っている事を悟りました。
彼の借金は神さまがただで与えて下さった大きな恵み、福音の借金でした。
パウロは、自分だけがその尊く大きな恵みを受けているのは駄目だと悟り、
世の全ての人達が主から戴いた恵みを返す対象である事を悟りました。
主なる神様からの借金なのに、
なぜ神さまに返さず全ての人々に返さなければならなかったのでしょうか?
それは神さまがただで与えて下さった愛によって、私達が救われたからです。
福音宣教は私たちの借金です。
福音の借金についての責任感を持って祈り、
大胆に福音伝道が出来る聖徒になりますように。

「負債を負っている人」」への7件のフィードバック

  1. Today, with all the fast life style that everyone is having, credit cards have a big demand throughout the economy. Persons coming from every discipline are using credit card and people who aren’t using the credit cards have made arrangements to apply for one in particular. Thanks for expressing your ideas about credit cards. https://hypertensionmedi.com buy hypertension threatment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です