「信仰と行い」

ヤコブの手紙2:14-26

私達の救いは生きておられる神様、
御子イエス・キリストを信じることによって
成し遂げられ、確信を持ってきました。
ですが、ヤコブ使徒が書かれた箇所を読むと、
全然別の話のように思われます。
どこが違うのでしょうか?

「行いのない信仰なら何の役にも立たない、死んだものです。」
と、信仰の行いを強調していることです。
今まで自分が救われたのは、
自分の行い、善、努力ではなく、
ひたすら神の恵み、
主の賜物によって救われたと信じてきました。
この時間、私達に与えて下さった箇所を通して、
生きている信仰とはどのような信仰か、
学ばせていただきたいと思います。

本質的な信仰はただ一つです。
生きる信仰、その信仰とは御言葉に従順し、
行いが伴う正しい信仰です。
また行いを通して完成されます。
アブラハムは神様のひどい命令に何も言わず、
ただ従順しました。
私達は信じることによって救われるから行わない、
祈りの生活をしない、
御言葉に従わない。
こういった罪人の世代に向けて、
このアブラハムの信仰を伝えたいとヤコブは
聖書に書かれました。
娼婦ラハブも伝道者をかくまい逃がしました。
自分の命を懸けた行いです。
真の信仰は命さえ懸ける覚悟です。
私達は、それぞれ戴いた使命によって
行わなければなりません。

行いのない信仰は、死んだものと同じです。

「人は死んでも必ず復活します」

イースターの説教
コリントの信徒への手紙15:50-58

次のような実際の話があります。
あるお婆さんが亡くなりました。
葬儀のため、家族・親戚が集まっているその場で、
死んだはずのお婆さんが立ち上がりました。
みんな驚き、震えました。
お婆さんは家族一人一人に、
イエス・キリストを信じるかと尋ねました。
家族達は「はい」と答えました。
翌朝、早天礼拝に全員で参加した後、
そのお婆さんは亡くなられたそうです。

このように、
神様の特別な計画と摂理によって
一時的に生き返っても、
また死ぬのが人生です。
聖書の中にも、ラザロという人が生き返りましたが、
やはりその後なくなりました。
「死」の意味は、魂と肉体の別れです。
イエス様が再臨されたとき、私達も霊的に復活します。
神様を信じて死んだ人の裁きは報いを受ける裁き。
信じないで死んだ人の裁きは永遠の死、
深刻な「死」とは神様と永遠の別れをすることです。
神様の哀れみを受けない、
永遠の苦しみ(地獄)に落ちます。
私達が復活した霊体は、
自分が死んだ事も知る事ができない体です。
信仰とは、
神様が御子イエス・キリストを通して与えて下さったのです。
復活を信じるキリスト者も、信じない者も復活します。
大事な事は、永遠の復活として生きるか、
死の復活として生きるかの問題です。

「忠実な支え人」

職分者献身礼拝 講師:談義孝義先生
箴言10:22

人間を豊かにするのは主の祝福である。
人間が苦労しても何も加えることができない。
新改訳では主の祝福そのものが人を育て、
人の苦労は何もそれを加えない。

職分を受けた人たちに要求されることは誠実であり、
忠実であることです。
神様が求めておられる誠実さ、忠実さは、
偽善であってはなりません。
律法学者やファリサイ派の人たちのように、
人に賞賛を受けようと演技するのではなく、隠れた所で示しなさい。
神様が見ておられます。
そうすれば神様が祝福してくださいます。
自分にとって不利益なことがあっても、
決めたことを誠実に行えば主が報いてくださる。
与えられた職分を、神様の前に誠実に忠実に果たしなさい。
心で決めたことがたとえ自分に不利になる状況になったとしても、
神様が見ておられます。
誠実さは人の前に見せるものではなく、
隠れた所で見せなさい。
祈りも然りです。
今すぐ応えられなくても、必ず神様は報いてくださいます。
目に見えることに一喜一憂しないで、
それぞれに与えられた任務に誠実で忠実でありますように。

「私にお示し下さい」

ヨブ記42:1-6

キリスト教が他の宗教と本質的に大きく違う点は、
信仰生活の目的を何処に置くかという事だと思います。
「この世に」ではなく「生きておられる神様」に目的を置いています。
私達は日々、真のキリスト者として成長しなければなりません。

ヨブは神様を畏れ、悪を避けて生きている人で、義人と呼ばれていました。
その様な人が、どうして塵と灰に伏し、自分を退け、
神様の前に深く悔い改めているのでしょうか?
神様の御前に完全な人は一人もいません。
人間の評判より、神様の御前で試練によって試されなければなりません。
ヨブは激しい試練の中で神様に対し、投げかけた嘆きの言葉によって
罪を犯しました。
大雪、地震、自然の変化など、地上に起こる全ての事は偶然に起きるのではありません。
神様の摂理の中で起きています。
ヨブに激しい試練が次々に襲うのも、
神様の摂理によって後に大きな報いが与えられる為でした。
あまりの苦しさにヨブは、慰めに来てくれた信仰の友と口論し、
神様に対して罪を犯しました。
それを神様に示して戴き、悟り、悔い改め、大きな祝福を受けました。
私達も、少しの試練で信仰の根源が揺れないように、
「自分の人生、目的は主にあり」と信仰告白し、
主に栄光と賛美を捧げる者となりますように。