「キリスト者の正しい物質観」

ヤコブの手紙 5:1~6

今日いただきました御言葉は、
主を知らず、主の御心が何か?
ただ肉の前に、見えるものを追い求める
全ての人達に与えられる警告のメッセージであります。

「富んでいる人たち、よく聞きなさい。
自分にふりかかってくる不幸を思って泣きわめきなさい。」
1節

キリスト者が物質に対して、どのような物質観を持つべきなのか、
という事です。
私達は御言葉に耳を傾けなければなりません。
「よく聞きなさい。」
と書いてあるからです。
ダビデが主の神殿を建築するために、大きな献金を捧げました。
聖書は、正しい信仰を持っている人がお金を持っていると、
価値のある大事な業に用いられることを教えて下さいます。

また聖書は、
「金銭の欲は全ての悪の根です。
 金銭を追い求めるうちに信仰から迷い出て、
 さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。」
 テモテ1章10節

と教えています。金銭欲ではなく、
額に汗して各々の置かれた場所で一生懸命働きなさいと教えています。
大事なことは、私達はただ物質を追い求めるために仕事をするのではなく、
信仰の中で、御心の中で仕事をし、生きる道を歩むべきだという意味です。
快楽や贅沢のみを追い求める人達には、必ず
「泣きわめく」その時が来ます。
私達がどのような環境で働き、どのような道を歩んでいても神さまが見ておられ、
憶えておられます。お金を儲けるときも、正しく働かなければなりません。
幸せなキリスト者はいつも、
自分の本分・ポジションを守る人です。

「キリスト者の正しい物質観」」への7件のフィードバック

  1. You could certainly see your expertise in the article you write.

    The arena hopes for more passionate writers like you who are not afraid
    to mention how they believe. All the time follow your heart.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です