「信じる人は幸いである」

ヨハネによる福音書 20:26-31

皆さんはイエス様を、
本当に心から信じて教会に来られているのでしょうか?
私達が教会に行くのはイエス様を主人として、
救い主として、
信じて行っているのです。

イエス様は、御自身に従い、悟り、
イエス様に似て行く弟子達になる事を
望んでおられます。
今日の聖書の箇所は、
イエス様が復活され弟子達の前に現れたという場面です。
トマスという弟子は、
その時居合わせなかったので信じられませんでした。
私達もイエス様を信じると言いながら、
目に見える現実的な事に捕われて
おごりたかぶり生きているのではないでしょうか。
「トマスは言った。『あの方の手に釘の跡を見、
この指を釘跡に入れてみなければ私は決して信じない。』」

見て、触ってみなければ信じられなかったのです。
イエス様は時空を超えて姿を現せられ、
「あなた方に平和があるように」と言われました。
イエス様は平和の王であります。
トマスは見てから信じました。
見て触れて信じる幼い信仰から見ないで信じる謙虚な心、
へりくだった心、純粋な心で受け入れる幸いな器を持った者となりますように。

「信じる人は幸いである」」への107件のフィードバック

  1. Today, with the fast lifestyle that everyone leads, credit cards have a huge demand in the economy. Persons from every field are using the credit card and people who are not using the card have lined up to apply for one. Thanks for sharing your ideas on credit cards. https://hemorrhoidsmedi.com Hemorrhoid threatment

  2. Thanks , I’ve just been looking for info approximately this topic for a
    while and yours is the best I’ve came upon till now.
    But, what about the bottom line? Are you certain concerning the source?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です