「その御名のために」

ローマの信徒への手紙1:5

イエス・キリストは真の神さまでありながら、
人間の姿で人間としてこの世に来られ、
私達の全ての罪を許して下さるために死なれ、
罪人である私達と聖なる神様の間を結びつけて下さった、
永遠の救い主であります。
私たちの人生の中でただ一度しか聞こえない、
伝えられない喜びのニュースをどう聞くようになり、
悟らせて戴いたのでしょうか。

「わたしたちはこの方により」15節
「この方」とは主イエス・キリスト、その恵みを受けて信じる者となりました。
キリスト者を憎み迫害したパウロが、
キリスト者の前に立ち福音を伝える働きをするようになり、
狂った人と言われました。
イエス・キリストの御名の為に生きる。

一言で言うと、宣教、福音伝導、証人の生き方、
それがその名の為に生きる人生であるという意味です。
皆さんは宣教の働きの為に繋がるような生き方をされていますか。
「御名の為に生きる」とは、福音を伝える事です。
キリスト者は自分の生活の中で、何より礼拝を大切な優先順位として決めます。
救われた、恵まれた者として一番大切な事は、主に捧げる礼拝です。
礼拝は心です。
また、福音宣教の為に生きようと頑張る生き方ではないでしょうか。
教会の目的は主に礼拝と栄光を捧げる事、もう一つは宣教です。

「その御名のために」」への26,665件のフィードバック